2016年3月ピーターパンクルーズで行くシミランクルーズ

ピーターパンクルーズ号で行くシミランクルーズ

ピーターパンクルーズ号でシミラン リチリューロッククルーズに来ています。お客様は沖縄にお住いのT様ご夫妻。お休みの日はほとんどダイビングに行くといううらやましい環境です。タンク500円くらいで借りれるんですよとのこと。東京住んでいるとそうはいかない。ふだん見れない魚をということで固有種中心に紹介しました。前泊で1泊パトンにお泊りになられたお二人聞けばロストバッケージで荷物が1日遅れたとのこと、プーケット着日クルーズ発でなくってよかったです。

お二人はネプチューンスィートご利用です。広いお部屋でびっくりしました。しかもお部屋にシャワー付きです。このクルーズ船ちょっと残念だったのはお食事スペースがちと狭い。大きなおしゃれなサロンはあるのですが飲食禁止なのです。にしてもエコノミークラスにしてはきれいな船でよかったです。

さてダイビングの話
1日目ファーストダイブはパラダイスリーフどこだろと思ったら4番のハネムーンベイ船に戻ってくるようにとのこと。透明度よくってきれいでした。アンダマンジョーフィッシュすぐ引っ込んでしまいますね。ヒレナガネジリンボウがいました。ニシキフウライウオ発見きっともうここ来ることないだろうなと思ってしまった。インディアンフレームバスレットやエバンスアンティアス固有種のはなだいたちも元気でした。この船 最大潜水時間60分と長めのダイビングOKなのでぎりぎりまで潜りました。

2本目はウェストオブエデン(similanNo7)北側からの流れが強いのに南からのエントリー行きたかったカエルアンコウを探す旅いけませんでした。ジョーフィッシュいっぱいいました。マルチバーパイプフィッシュ他のチームが見ていたので見てきました。

3本目はスリーツリーズ
ここもびっくりドン流れドリフトダイビングでシミランNo9南側まで行ってきました。イントラの先輩が言うに日食と新月が重なっているから流れるのではとのことなんか最近ずっと流れが強いシミランです。

4本目はドナルドダックベイでナイトダイビング、アカモンガラが赤い歯出して寝てました。上でアオウミガメが泳いでました。シルエットがきれいだった―でも写真には取れませんでした。

2日目1ダイブ目 エレファントヘッドロック シミラン諸島人気の岩場ポイントです。前回クルーズで青と黒2個体ハナヒゲウツボを発見したので大捜索なんと黒個体が2匹に増え 青あんなに探したのにいませんでした。

2本目はディープシックスの予定でしたがキャプテンに相談しウェストオブエデン行ってきました。前日ウェストオブエデン行けなかったのでよかったです。

3本目のダイビングはボン島 マンタポイントです。エントリーすると真下にマンタ『マンタ、マンタ』と叫びましたがお客様まだ船の上すぐ追いかけましたが行ってしまいました。リッジまで流してマンタ待ちと思ったらすぐに1枚 また1枚 時には2匹同時とか いっぱいいました。初マンタだったそうでよかったです。
4本目のダイビングはタチャイピナクル
魚影が濃くって面白かったです。邪魔なくらい小魚がいて捕食されていました。

三日目朝1本目は昨日に引き続きのタチャイピナクル何が出るかな楽しみです。ブラックフィンバラクーダみたかったのですが見れませんでした。
2本目から4本目まではリチリューロック贅沢ですね。シーホース大捜索をしたのですが見つからず タイ人ボートマスターさんに教えてもらって2匹ゲット大きめなのと小さいの 次回も見つけられるといいのですが…。トマトアネモネフィッシュ子供もいました。トラフケボリガイ綺麗でした。3本目と4本目のダイビングではブラックフィンバラクーダの群れと安全停止合わせることができてよかったです。

帰港日同日出発とのことで最終日は2本ブンソンレック、ハゼやジョーフィッシュ、魚の群れ群れ群れ、イトヒキアジの捕食などなど楽しかったです。1本目レンズカバーを外すのを忘れてカメラをセティングしてしまったお客様、2本同じポイントでよかったですね。ブンソンから港までは1時間くらいしかなくちょっと下船まであわただしかったのですが楽しんでいただくことができたようです。

シミランクルーズのご予約
ソンブーン3号シミランクルーズ報告報告
ソンブーン3号シミランクルーズ報告
マンタクィーン7号シミランクルーズ報告
サウスサイアム3号シミランクルーズ報告