2016年3月PAWARA号クルーズ報告

PAWARA号で行くシミランクルーズ

シミランクルーズに行ってきました。船は私の大好きなパワラ号です。今シーズンは初めての乗船です。(英語ガイドコースではお客様行っていただいているのですがなかなか乗る機会がなかったのです。)
お客様は毎年遊びに来ていただいているお客様MOTOさんです。日帰りトリップやショートクルーズに参加いただいてます。今年は休みが長く取れたそうで4泊のクルーズ、日帰りデイトリップとご参加いただきました。カタ地区4時から4時半のお迎えで聞いていたのですがなんと3時にお迎えの車がやってきました。ちょっとびっくりしましたが、スタッフのみの車だったそうで早めにタプラム港について準備できてよかったです。

パワラ号は大きめの船でお部屋にシャワートイレが付いているお部屋が多く、食事もおいしくそしてナイトロックスタンクがフリーなので私は大好きです。
もとさんもエンリッチドエアースペシャリティーのCカードをお持ちなのでナイトロックスタンクを利用しました。パワラ号のナイトロックスタンクは29パーセントくらいと深い深度でもいける私の好きな濃さです。

10月ダイビング

ダイビング初日
ハイダウェイ(シミラン5、6)
朝起きるとやや波が高くアニタスリーフではなくハイダウェィでした。今シーズンはじめてかも深いところに真っ赤なイソギンチャクがありました。多分タマイタダキイソギンチャクだと思うのですがほとんど先が膨れてなく不思議な感じに真っ赤でした。イソマグロが時折ぐるぐるしてました。スパゲティーイールもいました。ヤマブキスズメダイの幼魚かわいいですね。
ウェストオブエデン(シミラン7)
入った所にタイマイがいました。ブリーフィングでアケボノハゼがいるとの情報を聞き探しに行ったのですが見つかりませんでした。ハタタテハゼはいたのですが、こっちでは珍しいハタタテハゼも行くとこ行けば普通に見れるんですよね。カエルアンコウ大捜索しましたが見つけられませんでした。
スリーツリーズ
スジハナダイを見に行きました。フラッシャーがフラッシングしてました。途中から激流れでした。
タートルロック
ナイトダイビングは苦手だったので早めに入ってサンセットダイビングを楽しんできました。
強烈なサーモクラインで寒かったです。

プーケットダイビング

2日目はシミラン諸島一番北側のノースポイントからスタートです。ハナヒゲウツボ出すぎです。ピグミーパイプホース写真撮るの難しいですね。ピントが合わない…。イソマグロやフュージュラーも元気でした。2本目はボン島まで北上しました。ボン島はマンタの狙えるポイントなのですが、残念いませんでした。3本目のダイビングもボン島今度は北側からのエントリーです。レオパードシャーク狙ったのですがいませんでした。残念。マンタもどこに行っちゃったの。エキジットしたら船の順番が遅く水面で長らく待ちました。この日の最終ダイブはタチャイピナクルです。ブリーフィングで『流れるときはものすごい流れます。』といったのですが、エントリーすると流れなし。
が視界も悪く魚はいるんだけど見えない…。何かがぐるぐる回っていたのでバラクーダだと思って近づいたらツムブリでした。ツムブリもトルネードするのですね。

シミラン ダイビング 10月ダイビング

3日目はリチリューロックからスタート。ボートマスターさん3本目まで、リチリューにするか2本リチリューロックにするか水中を見て判断とのこと。といいながら水面休息ゆっくりとってしまい、船足が遅いPAWARA号3本リチリューだと4本目のタチャイがナイトになってしまうとのことで2本のリチリューロックでした。前日夕方大型の魚が出たとの情報があり3本目までリチリューロック潜りたかったのですが残念でした。シーホース、この辺いるのでお客さん探してシグナル出したらすぐ見つけてらっしゃいました。マツカサウオ小さいですね。こっちではほとんどいないのですが、伊豆にはいるしなーと思ってしまうのは私だけでしょうか?魚の群れはすごかったですが大きいのは出ませんでした。3本目はタチャイピナクルやや流れはありましたが、前日に比べてきれいでした。マダラエイがいました。大きかったです。4本目は他のチームはタチャイリーフへ行くとのことでしたが、うちチームは再度タチャイピナクルへ。フュージュラーがすごかった。めちゃめちゃまとまっていて黄色いじゅうたんみたいできれいでした。

10月ダイビング

最終日は2本ブンソンレックです。ジョーフィッシュやハゼ、ワヌケヤッコの幼魚等々。大物は出ませんでしたが天気にも恵まれ楽しいダイビングクルーズでした。

2015年4月ダイビング
報告
2015年5月プーケット近郊ダイビング報告号
2015年8月プーケット近郊ダイビング報告号
2015年9月プーケット近郊ダイビング報告号
2016GWダイビング報告
シミランクルーズのご予約ページ