ダイビング報告

TEL+66-84-7451286
email:otoiawase@mermaid-dive.com
2009年2月女7人ダイビング合宿 1月にシミランクルーズに遊びに来てくれた 直子さん ゆかさんがお友達を連れてプーケットに戻ってきてくれました。今回はなおこさんゆかさんが、ラチャヤイファンダイビング ヒンデン ヒンムアン2泊2日ダイビングクルーズに参加 その間お友達のヨシオカさんナガオカさんはプーケットでオープンウオーター講習。そのごさらにヒロトさん合流で皆さんでピピ1泊ダイビングに参加されました。到着の日ホテルまで行くと4名様御到着前回なおこさんシミランクルーズにプーケットに来た際教科書をわたしていたのですがオープンウォーター講習組みちゃんと予習してきてますか?初日は皆さんとタイの麺を食べに行きました。暑いのでビールと思ったらそのお店には置いてなく店員さんの“買ってくれば”のお言葉で近くのコンビニエンスストアーまで買いに行きました。麺がとても大好きな長岡さんとっても喜んでいらっしゃいました。

2010年2月26?28日
ラチャヤイ日帰りダイビング + ヒンデン ヒンムアンクルーズ

前回シミランで100本記念ダイビングと200本記念ダイビングを迎えたお二人今度はラチャイ島ファンダイビングに参加されその夜出航のヒンデン ヒンムアンクルーズに参加されました。ラチャヤイ島はとてもこの日透明度が綺麗で東側のポイントを潜りました。ゆかさんはコンクリートのブロックを鎮めた漁礁がとても気に入ったようで、ゆっくり楽しんでいらっしゃいました。NO1ベイの沈船横にツカエイがいました。とても巨大なエイでしたが全くうごかずなんとも不思議でした。そしてホームランリーフでは何年ぶりだろうという感じのギンガメアジの群れを見ました。前回シミランクルーズに参加されている2人はギンガメアジをすでにみているのですが私がテンションがあがりました。朝のお迎えが送れたこともあり水面休息時間が短く忙しい感じでした。
ヒンデンヒンムアンクルーズははコロナ号を利用しました。この船は金曜日の夜出発して土曜日 日曜日ヒンデン ヒンムアン ピピ シャークポイント方面を潜る日程のクルーズを多く組んでいてプーケット近郊のマレーシアやバンコクの駐在さんなどは金曜日仕事終わってから飛行機に乗りクルーズ下船後長距離バスで帰ると言うパワフルな方もいらっしゃいます。とても人気のクルーズ船です。またその日の夜にシミランへ出航するため続けてクルーズに参加される方もいらっしゃいます。ヒンデンも ヒンムアンもドロップオフの地形を楽しめる人気のダイビングポイントになります。

一日目ダイブ1ヒンデン
とても流れが強くなおこさん体調不良のためキャンセル。ゆかさんとマンツーマンダイビングに行ってきました。潜ってしまえば流れよけができゆっくりダイビングをすることができるのですが、サーモクラインが入っておりやや薄暗い感じでした。ツムブリ、ホシカイワリなどがフュージュラーを捕食しており迫力がありました。

ダイブ2 ヒンムアン
このダイビングは潮どまりにあたりゆっくりすることができました。地形のダイナミックさに加えて透明度も抜群魚群れ群れ岩壁を見ればギンポやハゼ大好きな直子さんをうならせるかわいい魚たちとゆっくりダイビングできました。

ダイブ3コハーヤイ
面白いケーブが沢山のこのポイント地形好きのゆかさん喜んでもらえたのではないでしょうか?私の中ではこのポイント透明度がやや悪いことが多いのですがこの日は真っ青で透明度抜群 青い海は潜っているだけで癒されます。

ダイブ4 マヤベイ
ナイトダイブです。フグの寝姿に大喜びのお二人、モクズショイやオオアカヒズメガニなどの甲殻類そしてお約束の夜光虫大会と楽しみました。

2日目 ダイビングポイント ビダノック
サーモクラインがわいてきてしまい下のほうは透明度が悪く 上は透明度抜群というツートンカラーの海が目に見えてわかり変な感じでした。オニアジやキンセンフエダイ フュージュラーなどの群れ群れでした。

シャークポイント
こちらもサーモクラインが行ったり来りの感じでした。着地に失敗した感じのレオパードシャークがいました。岩の上に乗り上げていて斜めになっているのが不思議でした。サビウツボ団地は気持ちが悪いと不評でした。トマトアネモネフィッシュの幼魚に恋しているなお子さん興奮気味のダイビングでした。

ドクマイ島
めちゃめちゃ流れていました。ピックハンドルバラクーダが近くを泳いでいきました。流れ除けをしてギンポやクマノミなどをゆっくり写真撮影しました。



2010年2月26日-28日 PADIオープンウォーター講習

1日目 学科講習とプールでの講習 今回はダイビング講習のできるプールのあるアンダマンハウスにお泊りになられていたので時間をきにせずゆっくり講習できました。教科書も事前にシミランクルーズに参加されたなお子さんが1ヶ月前にプーケットから空輸していただき読んで頂いていた筈なのですがどうだったでしょう。

2日目 カタビーチでのビーチ講習
ビーチダイビング はじめは怖かったと長岡さん講習が進むにつれダイビングが楽しくなったとのことでした。

3日目 ラチャヤイ島ボートダイビング
始めてのボートダイビングいかがでしたか?ラチャヤイ島はわりと大きな島で体験ダイビングや 講習などもやりやすく人気のポイントになっております。なまこなど気持ち悪い物好きの吉岡さんかわったものを見ると大喜び。

2010年3月1-2日ピピ オーバーナイト

ヒンデンヒンムアンクルーズ組み オープンウオーター組みどちらも引き続きでピピ1泊ダイビングに行ってきました。オープンウォーター講習を終え無事ダイバーデビューしたお二人はなんとアドベンチャー講習を受講されました。さらにこの日からもう一人合流!!お客様5人スタッフ2人7人全員女性という楽しいたびになりました。お客様は旅行の添乗員をされていて、偶然にもスタッフのAYAKOも元添乗員しかもお客様のなかの一人と同じ会社にいたという不思議な関係でした。
ピピオーバーナイトは一日目1本目シャークポイント方面のダイビングサイトを1本ダイビングその後ピピを3本ダイビング ピピに上陸してホテルに宿泊2日目 ピピ1本ダイビングシャークポイント方面を2本ダイビング夕方帰港というスケジュールになっており、時間の無駄なくプーケットの西側のダイビングサイトを潜り倒せる人気のダイビングツアーになっています。今回は是非みんなでピピに行きたいというお客様のリクエストでこちらのツアーに参加しました。

1日目 ダイブ1シャークポイント
AYAKOチームのアドベンチャー講習組みもFUMIチームアドバンス講習&ファンダイビング組みもディープ講習とても透明度がよくみんな大喜びでした。ゆかさんは目の大きなアカマツカサが大好きでこのポイントでは大好きなアカマツカサ&ミナミハコフグの幼魚の2ショット写真が取れたと喜んでいました。途中2チームすれ違いましたが、オープンウォーター講習終わりたてのお二人もとても楽しそうでした。

ダイブ2 ビダノック島
こちらもまたまたサーモクラインにやられた感じでした。ナチュラリスト講習だったアドベンチャー組 ファンダイブを楽しんだチームFUMI南側まで回りこむと流れよけができゆっくりできました。タイガース(ムスジコショウダイ)が人気でした。

ダイブ3ビダナイ島
ここではPPB講習をしたアドバンス組 ウェイトお手玉をしているのをみていた直子さん&ゆかさん もがいていたと笑っていましたがあれ難しいんですよ。ヒロトさんよく頑張りました。

ナイトダイビング モンキービーチ前
初ナイトのヒロトサン かににエビにフグにととても楽しそうでした。

ピピに上陸後みんなで飲みに行きました。ピピは小さな島で車が走っていません。独特の雰囲気がありいいですよ。

2日目
ダイブ1ビダナイ
ここではナビゲーション講習をしたひろとさん。ナビゲーションは楽しいと上がってから言っていらっしゃいました。是非コンパス買ってみてください。ここではヒロトサン以外ブラックチップシャークを見ることができました。ナビゲーションマスターのヒロトサンはシャークシグナルを出したのですがナビゲーションのことかと思って見れませんでした。

ダイブ2 キングクルーザー
船の上は透明度よかったー。がサーモクラインがいったり来りちょっと深く行けば魚もっといっぱいいすのですが流れのあたるめんで群れを楽しみました。

ダイブ3 ドクマイ島
ここではドリフトダイビングの講習をしました。計画を立て シグナルフロートをあげてもらいました。
ひろとさんアドバンスおめでとうございます。

番外
オープンウオーター講習とヒンデンヒンムアンクルーズ終了打ち上げパーティーはパトン地区にあるイサン料理屋にいきました。ゆかさん前回来たときに覚えたコームーヤン(豚の喉肉やき)とカオニャオ(もちごめ)早速頼んでました。ビールのおいしいパーティーでした。デザートにアイス専門店へおいしかったー

ピピオーバーナイトではまたパーティー女7人も集まると話がつきません。ピピではお土産物屋をのぞいたりちょっと時間がない感じでした。
ピピオーバーナイトから帰った打ち上げはタイスキ屋さんへいきました。皆さんおいしいと喜んでいらっしゃいました。カルフール閉店間際までお土産探しいいもの見つかりましたか?

最後はbody@mindで マッサージとスパ リゾートを楽しまれて プーケット旅行を締めくくりました。皆さんまたいろんなところでダイビングしてくださいね。そしてまたプーケットに戻ってきてください。




ご連絡、お問合せ、お申込みはメールにて ⇒ otoiawase@mermaid-dive.com