ダイビング報告

TEL+66-84-7451286
email:otoiawase@mermaid-dive.com

格安ダラニー号で行くシミランクルーズ報告

2010年 学生ダイビングサークル様 シミランクルーズ報告

大学のダイビングサークル 慶應大学セブンシーズの皆さんの春合宿で、4泊4日ダラニー号で行くシミランクルーズに行ってきました。25日成田からプーケットへの直行便でいらっしゃった皆さん。他のチームより一足先にクルーズ船に向かいます。セブンシーズさんは2年前の春合宿もシミランでのクルーズだったと言うことです。今回はマーメイドダイブのこみこみパックにさらにグループ割引を適用しての学生さん価格、この価格ではなかなかシミランいけませんよ。夕方タプラム港近くのセブンイレブンまでお買い物、タイのコンビにって日本のコンビニとは違うでしょ。

3月26日ダイブ1
アニタスリーフ シミランNo5 6キャンペーン実施中
砂地の綺麗なアニタスリーフからクルーズスタートです。それほど流れもなく しっかりチェックダイビングすることができました。いつも伊豆の海で潜っていると言う皆さんには水温29度もあたたかかったそうです。前回もシミランに来ている純さん208本記念です。お店フライングで200本記念の記念フロートを用意したのですが、クルーズの前にサイパンでダイビングをされたとのこと。フロート使ってくださいね。皆さんで寄せ書きしてもらいました。チェックダイビングの時の集合写真です。ちょっとまだ緊張気味なのかな。

若いってすごいなーと思ったのが女性陣元気にスノーケル結構長いことスノーケルしていました。
シミランNo7でスノーケル

ダイブ2 イースト オブ エデン (シミラン No7)
少し北上してシミラン7番の島の珊瑚ポイントのイーストオブエデン ジョーフィッシュやブラックシュリンプゴビーしっかりみれましたか?ここではヤッコエイが何枚も泳いでいて喜んでいただけました。透明度がよかったのでちょっと深度深かったですね。最後の安全停止は珊瑚の上でスズメダイがとってもきれいでした。

ダイブ3ウェスト オブ エデン (シミラン No7)
同じくスミラン7番の島のウェストオブエデンここでは今年とっても人気のオオモンカエルアンコウ、あの大きさにはちょっとビックリしたのではないでしょうか?そしてガイドもびっくりしたのがハナヒゲウツボ1匹黄色くなっているではないですか。純さんから頂いた写真です。ありがとうございました。
黄色いハナヒゲウツボ写真

ここで4番上陸ここでも若いってすごいと思ったのが皆さんびしょぬれで帰ってきたことです。泳いできたんですね。元気だわー。

ダイブ4 ナイトダイブ ハイダウェイ(シミランNo6)
ナイトダイブです。ちょっと月が明るかった。夜光虫がやや見えにくかったです。ここにいろいろさがしていきました。いずみさんとっても楽しかったとのことで、『またナイトやりたい』と言っていました。

シミランクルーズ ナポレオン
3月27日
ダイブ1 タートルロック(シミランNo8)
また少し北上してタートルロックへ。前日の夜の予定ではエレファントヘッドロックのはずだったのですが、やや風が強く波があったため変更。
潜行していく時にカメなんて中途半端なときにでてくるの。パウダーブルーサージョンフィッシュなどを見ていると深場から大き目のナポレオン登場。いってしまうかなーと思ったら前から別のダイバーさんに追われて私たちのほうに泳いでくるナポレオン。ちょっとラッキーでした。しばらく泳ぐと今度はやや小さいナポレオンこれもゆっくり見れました。オ君大きなゴシキエビ発見で皆さん写真を撮っていらっしゃいました。

朝ごはんの後 シミランNo8上陸です。バランシングロックいつのまにか階段が整備されていてちょっとビックリしました。実は私今シーズン初バランシングロックです。プーケットにきた年は大きなダイイングショップにいたので、シミランクルーズのたびにこの山登り担当だったのですが、最近はちょっとさぼり気味でした。綺麗な景色に喜んでいただけました。大変申し訳ないです。いずみさんからいただいた写真データ誤って削除してしまいました。バランシングロック登山とっても楽しかったんですよ。シミラン4番上陸


ダイブ2 ノースポイント(シミランNo9)
スミランの北端のダイビングポイント ノースポイントです。かなり海の中込んでいましたが、珊瑚 岩場と楽しんでいただくことができました。カメ発見できず…。去年はあんなに沢山いたカメどこに行ってしまったのでしょうか?

ダイブ3 ボン島
マンタ狙いのこのポイント魚の群れ群れ アミメフエダイやツムブリと楽しんでいただけました。ってマンタ出ませんでした…。
船にエキジットした後に他のチームがラダーをつけんでいる時にめっちゃ深いところにマンタ出現 スノーケルで飛び込んだのですが、マンタ確認できた人半分程度という感じでしょうか。まだ最終日があります。

ダイブ4 サンセットダイビングログ付け
タチャイリーフ また北上しタチャイ島までやってきました。島沿いのダイビングポイントタチャイリーフです。ここではレオパードシャークを抑えておきたいダイビングサイト。早めのエントリーでレオパードゲット お客様とレオパードの写真撮りたくて 回り込んだら泳いでいってしまいました。残念。アンダマン海の固有種 インディアンバナーフィッシュやコラーレバタフライフィッシュなどゆっくりダイビングを楽しむことができました。

キンセンフエダイ
3月28日
朝船が動き出しました。あー朝からリチリューロックなんだ。風がやみ1ダイブ目からこのクルーズ最北端のリチリューロックでのダイビングです。
1ダイブ目 やや流れが強くリチリューロック外側の北の部分を中心にダイビングしました。今年はものすごいフリソデエビが沢山です。そして新しくタイガーテールシーホースを見て ニシキフウライウオを観察しました。タイガーテールシーホースはなかなかいい角度になってくれず上手いこと写真が取れなかったと林さん。キンセンフエダイがとってもきれいでした。

ダイブ2 同じくリチリューロック
今度は大きいほうのタイガーテールシーホース。前にいた日本人のダイバーさんがなかなかどかず深場でちょっとあせりました。フリソデエビ

とりあえず全員みれたと言う感じです。トマトアネモネフィッシュの幼魚やヨウジウオなどゆっくり観察できました。エキジットやや流れが強く
ガイドとして考えなければならない課題が残った1本でした。

ダイブ3同じくリチリューロック
今度は外側で群れを楽しみました。フュージュラーやギンガメアジ カスミアジ  などなど群れ群れな感じでした。

ダイブ4 サンセットダイビング
タチャイリーフ ノース(ジェットコースター)
タチャイ島に戻ってのダイビングです。エントリーしてしばらくするとレオパードシャークまたまたGET!! 砂地ではまたまたヤッコエイ祭り何匹いたんだろう優雅に泳いでいました。そして前方泳いでいるレオパード発見。“どっか着低してくれないかなー。”なんて思っていると珊瑚の脇にぴたっと舞い降りたレオパード君 またまた写真大会。そして深度を揚げて安全停止に入ろうかと思ったらまたまた今度は泳いでいるレオパード君1ダイブで3匹のレオパードそれもすべて近くで見れて皆さん喜んでいらっしゃいました。ショウコさん20本目のダイビングおめでとうございます。


3月29日泣いても笑っても最終日です。
1本目タチャイピナクル
やや強く流れていました。ダイビングのエントリーはブイのロープをつかんでのエントリーでした。フュージュラーやツバメウオ ジャイアントバラクーダなどなど。朝からちょっといい運動でした。

2本目 ボン島ボン島集合写真
あっという間に最終ダイブです。出てくれマンタ。ガイドの心の叫びです。が残念マンタは出ませんでした。フュージュラーの群れやマルクチヒメジ、アミメフエダイの捕食シーンを楽しみました。また皆さんでシミランクルーズ遊びに来てくださいね。最後の写真はボン島での最終ダイブ安全停止中に撮った写真。はじめのアニタスリーフで撮った写真よりずーっとリラックスされている感じですね。

番外
プーケットでの宿はこみこみパック今回はカタ地区のチュンポーンハウスです。繁華街から近くそれでいて脇にはムエタイの練習場とローカルな雰囲気も味わえます。29日の夜は皆さんで人気のイタリアンレストラン カッパニーニャ に行かれたそうです。“ピザ用のテーブルってわかりました。”7人もいるとBIGピザチャレンジしたんですね。29日の夕方からものすごい雨が降りビックリしました。30日は象のり&パトンでのお買い物を楽しまれました。こみこみパックはクルーズフィーに最終日のゲストハウス、ゲストハウスからの空港タクシーが込みになったパッケージです。今回7名様なのでワゴンを手配したはずなのに、どうみても5人しか乗れない車が到着。一瞬ビックリしましたがタクシーの運転手さん“2台来るから安心して”とのこと。荷物もたくさんあったのでかえってよかったのかもしれないです。

シミランクルーズのページ   

ご連絡、お問合せ、お申込みはメールにて ⇒ otoiawase@mermaid-dive.com プーケットマーメイドダイブではグループでのご参加チャーターでのお申込みなどもできます。お問い合わせはお気軽に。