ダイビング報告

TEL+66-84-7451286
email:otoiawase@mermaid-dive.com
2010-2011シーズンファーストクルーズ サウスサイアム号で行くシミランクルーズ報告

プーケット早朝発シミランクルーズ


サワディーカー!!2010年10月19-21日サウスサイアム4号(ソンブーン4号) でシミランクルーズに行ってきました。通常はサウスサイアム4号は、水曜日、土曜日にリチリューロックまで北上のシミラン スリンクルーズなのですが11月からの催行になりますので10月中はシミラン ボン クルーズに出ています。今年はこの19日がサウスサイアム号のシミランクルーズのスタートでした。一番乗りって気持ちがいいですね。

サウスサイアム号はプーケットのお迎えが早朝になります。私の家のあるKATA地区は6時お迎えです。シーズン中ごろになると朝6時ってまだ真っ暗なんですよね。この日はまだ明るくほっとしました約2時間かけて車でタプラム港までいきます。タプラム港にあるリバボートのオフィスには、食パンとフルーツくらいしかおいていないので、ホテルで朝ごはんをボックスにしてもらうか、コンビニなどで何か購入したほうがいいかもしれないです。
カオラック地区へのお迎えも可能です。お迎えの時間もかなりゆっくりになるので、ショートクルーズに参加される前日はカオラックにお泊りもお勧めかもしれません。

タプラム港から1時間から1時間半(発着のポイントや風向きによって時間が変わります)シミランまでは、スピードボートでの移動になります。クルー船に後込むと早速1本ダイビングをします。ダイビングからあがるとお食事です。

2時間くらいの水面休息の後2本目のダイビング。2本目のダイビングの後スピードボートがタプラムに向けて帰っていきます。 どうしてもお時間がない方でシミランに行きたい方は日帰りも可能です。シミラン日帰りダイビングは、移動の時間がダイビングの時間の数倍になりつかれるので、できたら、1泊でも2泊でもしたほうがよりシミランを楽しめるかと思います。

到着日はこの後サンセットダイビングとナイトダイビングがあります。その後20時に夕食です。ゆうごはんまで待てない方は食パンやフルーツなどが常にでてますので御利用ください。

中日朝6時起床7時ファーストダイブ朝食の後 スピードボートの到着のあと 2本目のダイビングその後は初日と同じですがサンセットかナイトダイビングが選択になり、1日4ダイブが可能になります。シミランクルーズ最終日は3本のダイビングの後にスピードボートでシミランからプーケットに向かいます。

シミランダイビング報告

1日目
ダイブ1 スリーツリーズ シミランNo9
ダイブ2 ノースポイント シミランNO9
ダイブ3 ブレックファーストベンド シミランNo9
ナイトダイビング パス

一日目はシミラン9番周りのポイント。透明度がめちゃめちゃよくシミランブルーの海を満喫できました。スリーツリーズではハゼやジョーフィッシュ ナポレオン魚がシーズンはじめだからか逃げないウツボも全身出して泳いでました。2本目のノースポイントではダイビングエントリーと同時にレオパードシャーク発見。シミラン レオパード一番乗りー!!ここでも大きなナポレオンブレックファーストベンドではお客様の好きなアカメハゼを探しましたが見つからず残念。ここにもナポレオン大きなのが泳いでました。

2日目
ダイブ1 クリスマスポイント シミランNo9
” ダイブ2 ボン島
ダイブ3 ボン島
ダイブ4 シミランNo.9北東側
この日の2本目3本目はシミランからさらに北上してボン島を潜りました。マンタは出ませんでしたがイヤースポットブレイニーなどゆっくり写真が取れました。アケボノハゼ1匹しか見つかりませんでした。これ引っ込んじゃったらさびしいだろうな。もう少し数が増えてくれることを期待します。4本目はスリーツリーズとノースポイントの間という今まで潜ったことのない地域でしたが砂地もきれいでイソマグロの巨大なのが泳いでいたりカメがおよいでいたりと楽しかったです。

3日目
ダイブ1 ボルダーシティー シミランNo3
ダイブ2 シャークフィンリーフ シミランNo3
ダイブ3 アニタスリーフ シミランNo5

シミランでダイビングできる最南端  ボルダーシティーとシャークフィンリーフを潜りました。フュージュラーがこのクルーズの中で一番多く群れていました。アジがカスミアジもマテアジもホシカイワリもロウニンアジもいませんでした。どうしてしまったのでしょうか?

シミランも水温上昇の関係で浅いところの珊瑚が悲惨な状況になっています。中には元気な種類の珊瑚もあります。早く回復して元気なシミランに戻ってくれることを祈ります。

シミランクルーズのページ