ダイビング報告

TEL+66-84-7451286
email:otoiawase@mermaid-dive.com

2014年シミラン、ボンショートクルーズ2泊3日11ダイブ報告

リピーターの堀井さんとサウスサイアム号でシミランクルーズに行ってきました。日程的にシミランからボン島の3日間でした。堀井さんはダイビング初めて5本ででジンベイザメを見るという大物運のある方で、講習をやっていたのでやることやらないとなんて思ったのを覚えています。あまりジンベイのありがたみもわかってなく『こんな大きさの魚がいるんだ』くらいに思っていたそうです。 スピードボートのエンジンの調子が悪くボートまで2時間近くかかりました。


1日目
ダイブ1 アニタスリーフ(シミラン#5.6)
スパゲティーイールの中でマッコスカーズラスがきれいに開いていました。頑張って写真撮ってみたのですがやっぱり難しいですね。下手な鉄砲かずうちゃあたる方式で連打しましたがボケボケでした。オーロラパートナーゴビーやジョーフィッシュもいました。波が入っていてエキジットが大変でした。

ダイブ2 ディープシックス(シミラン#7)
やや流れていました。ロウニンアジが捕食に走っていました。シミランは今回で3回目という堀井さんこの穴くぐった記憶がある。とのこと。

ダイブ3
ウェストオブエデン(シミランNo7) 
エントリー前に亀がいたのでダイビング中に見れたらいいなと思ったのですがいませんでした。アカヒメジやブラックピラミッドバタフライフィッシュがかわいかったです。ゆっくり潜ることができました。

ダイブ4(ナイトダイビング)モニュメント(シミラン#6)
シミランNo6まで潜ってナイトダイブです。エントリーが母船になるかリンギーにするか変更があり母船で入ったのですがものすごい深いところでのエントリーで水面結構泳ぎました。水中では大きなゴシキエビがいっぱいいました。エキジットも波が入っていて大変でした。
ダイビングの後少し船がゆれお客様船酔いされてしまいました。


ダイビング2日目
ダイブ1 エレファントヘッドロック
入ったところがフュージュラーやカスミアジがいっぱいいたのでゆっくりしてました。ら急に大きなヒレがマンタだー。周りにはすでに人がいなかったのですが、マンタいたぞーと合図を鳴らしたのですがたぶんうちだけしか 見てないと思うと気もちいですね。魚の付もよくきれいでした。シミランでも人気の岩場ダイビングサイト内容の濃い1本でした。

スピードボートが来る前にシミランNo8に上陸しました。ここはシミランのシンボル的なバランシングロックへ上ることができます。昔はロープを使いながらサバイバルな登山でしたが今は割と上りやすくなっています。 ダイブ2 スリーツリーズ シミランNO9
スピードボートの到着が遅れスピードボートがつくと同時にエントリーでした。ハゼやギンポをゆっくり見れました。
ダイブ3 ノースポイント シミランNo9
シミラン諸島で一番北側のダイビングポイントです。北側の離れに行ってきました。ウミウチワやウミトサカのとてもきれいな場所になります。浅場に返すと亀がいました。サンゴの下に隠れてしまいましたがゆっくり見れました。
ダイブ4
タートルロック シミラン#8
ここでもタイマイ今度は泳いでいました。以外に透明度が高くよかったです。深度3m位のところでタスキモンガラ2匹見ました。こっちであまり見たことがなかったのでテンションが上がりました。ユキウサギガイがいました。



3日目
ダイブ1 クリスマスポイント シミランNO9
朝一のダイビングは気持ちいいです。ホウセキキントキの群れが今年は数が多くきれいです。ムスジコショウダイもまとまっていました。浅いところでアンダマン海固有種のアンダマンスィートリプスやアレンズダムゼルがいました。
ダイブ2 ボン島
なんかすごい東側でのエントリーでした。南側はウォールダイビングですとブリーフィングしたのであまり見たことのない景色でびっくりしました。マンタを狙って泳いだのですが見れませんでした。
ダイブ3 ボン島
同じくボン島 こちらは北側からのエントリー入ってしばらくするとマンタが出ました。よかったー。めちゃめちゃ近くで見れました。がカメラバッテリー切れで写真なしです。リッチの北側のサンゴでアミメフエダイ、バラフエダイが捕食パーティーの中でナポレオンが3匹ぐるぐるしていました。逃げない3匹で親子なのかなという感じでした。これも写真なしでショックです。

ご連絡、お問合せ、お申込みはメールにて ⇒ otoiawase@mermaid-dive.com
クルーズご予約のページ こちらもどうぞ シミランクルーズ報告